中嶋 宏行

1956年千葉県千葉市生まれ。6歳から書を学ぶ。千葉大学工学部建築学科を経て、1981年同大学院修了。
 現代アートとしての書を目指し、30代から作品制作を開始する。活動の場を海外に求めるなか、2000年にイタリア・ローマのギャラリーにてヨーロッパで初めての個展を開く。同時に20代から続けている太極拳の動きを活かした書のパフォーマンスを始める。以後、イタリア、ドイツ、フランス、フィンランド、アメリカなどで個展やパフォーマンスを展開する。
 2006年には、世界三大演劇祭のひとつである第60回アヴィニョン・フェスティバルに招待され、パフォーマンスと個展『LUNE/月』を発表。夏のバカンスで賑わう南仏の古都アヴィニョンで、 延ベ千人を前にパフォーマンスと個展を二週間続ける。2008年よりイタリア・ミラノにアトリエを構え、現在も日本とヨーロッパを拠点に活動を続ける。
 仏紙 Le Figaro、 伊紙 Corriere della Sera など主要メディアに多数紹介される。日本では BS-i「筑紫哲也の現代日本学原論」、BS-i「プロヴァンスに『月』を書く—中嶋宏行の太筆が舞う−」などに出演。

書家 中嶋 宏行

Facebook / Nakajima Hiroyuki

個 展

 (*) がついているものは、クリックすると写真が表示されます。

2017年
個展/(*) 「四季」 La Mairie du 6ème (フランス・リヨン)
2017年
個展/(*) 「Be Here Now」 Pierre-Yves Caër Gallery (フランス・パリ)
2017年
個展/(*) 「With Nature」 (with CED ROUZ) Galerie Patrick Bartoli (フランス・マルセイユ)
2016年
個展/(*) 「生/LIFE」Bunkamura Box Gallery(東京・渋谷)
2014年
個展/(*) 「未だ見ぬかたち」一欅庵(東京・西荻窪)
2013年
個展/(*) 「禅のかたち」Galerie F. Mansart(フランス・パリ)
2012年
個展/(*) 「絆」ギャラリー タクト(東京・銀座)
個展/(*) 「自然」Galleria Nobili(イタリア・ミラノ)
2011年
個展/(*) 「起死回生」Arte Giappone(イタリア・ミラノ)
2009年
個展/ギャラリー タクト(東京・銀座)
2008年
個展/ギャラリー タクト(東京・銀座)
2007年
個展/(*) ギャラリー タクト(東京・銀座)
2006年
(*) 第60回 アヴィニョンフェスティバル(フランス・アヴィニョン)
個展/(*) Siegburg City Museum(ドイツ・ジークブルク)
個展/ギャラリー タクト(東京・銀座)
2005年
(*) 「日本創造」アルザス日本学研究所にて作品展示(フランス・コルマール)
個展/(*) ギャラリー ピアワン(千葉・幕張)
2004年
個展/(*) Siebold Museum(ドイツ・ヴュルツブルク)
「墨秋」シブヤ西武百貨店にて作品展示(東京・渋谷)
(*) 「夢WAVE」シブヤ西武百貨店にて作品展示(東京・渋谷)
2003年
The International Furniture Fair にて作品展示(ドイツ・ケルン)
梅田スカイビル空中庭園にて作品展示(大阪・梅田)
(*) RESTAURANT&BAR/MIKE AMRTAにて「書と花のコラボレーション」(東京・銀座)
(*)
Klingspor Museumにて作品展示(ドイツ・オッフェンバッハ)
Kreis Museumにて作品展示(ドイツ・パイネ)
個展/(*) GALERIE WILD(ドイツ・フランクフルト)
2002年
(*) Ronald Schmitt社ハウスメッセ会場にて作品展示(ドイツ・エバーバッハ)
羽田空港スカイギャラリーにて作品展示(東京・羽田)
個展/ギャラリー開(東京・日本橋)
2001年
個展/(*) INSTITUT D’ARTS VISUELS オルレアン芸術学校(フランス・オルレアン)
個展/(*) Galleria MONTMARTRE DES ARTS(フランス・パリ)
2000年
個展/(*) STUDIO SOLIGO(イタリア・ローマ)

パフォーマンス

 (*) がついているものは、クリックすると写真が表示されます。

2018年
(*) MIRY Concertzaalにてパフォーマンス「書と音律」(ベルギー・ゲント)
(*) Villa Cavroisにてパフォーマンス「書と音律」(フランス・リール)
(*) Japan House London にてパフォーマンス「一脈の体動」(イギリス・ロンドン)
(*) オークションハウス Drouotにてパフォーマンス(フランス・パリ)
2016年
(*) Stiftskircheにてパフォーマンス(ドイツ・ カイザースラウテルン)
(*)Suermondt Ludwig Museumにてパフォーマンス(ドイツ・ アーヘン)
Hufeisenにてパフォーマンス(ドイツ・ ゲルマースハイム)
2015年
Festsaal der Karlsburg Durlachにてパフォーマンス(ドイツ・ カールスルーエ)
(*) Siegburg City Museumにてパフォーマンス(ドイツ・ジークブルク)
“Nippon Connection 第 15 回日本映画祭” Die Käsにてパフォーマンス(ドイツ・フランクフルト)
2013年
美濃吉本店・竹茂楼にてパフォーマンス(京都・東山)
2012年
ラ・ロシェルにてパフォーマンス「感謝と伝承」(東京・溜池山王)
(*) Carrousel Du Louvreにてパフォーマンス(フランス・パリ)
2011年
(*) Siegburg City Museumにてパフォーマンス(ドイツ・ジークブルク)
Musicalligrapie 共演 Lê Quan Ninh, Fondation Royaumont (フランス・パリ)
2010年
(*) La Triennale di Milanoにてパフォーマンス 「生」(イタリア・ミラノ)
(*) La Casa delle culture del mondoにてパフォーマンス (イタリア・ミラノ)
2009年
(*) Siegburg City Museumにてパフォーマンス「生」(ドイツ・ジークブルク)
(*) Heiliggeistkircheにてパフォーマンス 「生」(ドイツ・シュパイヤー)
Arte Giapponeにてパフォーマンス 「生」(イタリア・ミラノ)
2006年
(*) 第60回 アヴィニョンフェスティバル(フランス・アヴィニョン)
Siegburg City Museumにてパフォーマンス(ドイツ・ジークブルク)
(*) Ichimura Miami Japan Gardenにてパフォーマンス(アメリカ・マイアミ)
Bakehouse Art Complexにてパフォーマンス(アメリカ・マイアミ)
2005年
明治安田生命入社式にてパフォーマンス(東京・丸の内)
the beach(イタリア・トリノ)にてパフォーマンス
「日本創造」アルザス日本学研究所にてパフォーマンス(フランス・コルマール)
2003年
Klingspor Museumにてパフォーマンス(ドイツ・オッフェンバッハ)
Kreis Museumにてパフォーマンス(ドイツ・パイネ)
2002年
ライブ「伝統と前衛のかけ橋—嶋津健一の世界」出演(東京・青山)
「サンタクロースの森」にてパフォーマンス(フィンランド・ロヴァニエミ)
ラップランド大学芸術学部にて特別講義(フィンランド・ロヴァニエミ)
HOTEL Santa Clausにてディナーショー(フィンランド・ロヴァニエミ)
Ronald Schmitt社にてパフォーマンス(ドイツ・エバーバッハ)
「CEO日本大会」記念パーティにてパフォーマンス(東京・新宿)
2001年
JAZZとのコラボレーションによるパフォーマンス(東京・青山)
(*) オルレアン国立劇場にてパフォーマンス(フランス・オルレアン)
2000年
JAZZとのコラボレーションによるパフォーマンス(東京・六本木)

 

メディア

 (*) がついているものは、クリックすると写真が表示されます。

2012年
(*) 伊紙「Corriere della Sera」に記事掲載
2011年
伊紙「Vivi Milano」に記事掲載
(*) 2011 独紙「Rein-Sieg Rundschau」に記事掲載
(*) 2011 独紙「Kolner Stadt-Anzeiger」に記事掲載
2010年
伊紙「la Repubblica Tutto Milano」に記事掲載
2007年
(*) ベネズエラ紙「Plexas」に記事掲載
2006年
仏紙(*) 「LE FIGARO」に記事掲載
BS-i 特別番組 「プロヴァンスに『月』を書く」–中嶋宏行の太筆が舞う–
(*) 独紙「GENERAL-ANZEIGER」に記事掲載
独紙「Rein-Sieg Rundschau」に記事掲載
米紙「Herald Tribune」に記事掲載
(*) 「Japan Times」に記事掲載
2005年
仏紙(*) 「DERNIERES NOUVELLES D’ALSACE」に記事掲載
2004年
(*) 独紙「KULTUR」に記事掲載
2003年
(*) 独紙「a&a DIE ZEITUNG」に記事掲載
2002年
フィンランド紙「Lapin Kansa」に記事掲載
独紙「Eberbach Zeitung」に記事掲載
2001年
「PHP ほんとうの時代」(7月号)記事掲載「漢字と遊ぶ」
BS-i 筑紫哲也「現代日本学原論」にテレビ出演
仏紙「Republique」に記事掲載
仏TV「IL DE FRANCE CENTRE」にてデモンストレーション放映
2000年
(*) イタリア美術情報紙「ARCHIVIO」に記事掲載
PAGE TOP